阪南市の福祉を築いた日福ネットワーク。 学び合い、支え合う力が大きな活動へと進化する。

サンプル画像
大阪府阪南市市長
水野 謙二さん
大阪府生まれ。1978年日本福祉大学社会福祉学部社会福祉学科卒業。2012年龍谷大学大学院社会学研究科社会福祉学専攻修了。日本福祉大学卒業後、森永ヒ素ミルク事件の被害者を救済する団体「財団法人ひかり協会」に勤務。1982年に阪南町役場(現 阪南市役所)に入職し、障がい者通所授産施設指導員を皮切りに、阪南市の様々な保健福祉行政に従事。その後、生活保護査察指導員、福祉事務所長、保健福祉部長、市民部長、教育委員会の参与などを歴任。2012年に阪南市役所を退職し、社会福祉協議会の横領事件解決のため、社会福祉協議会へ。2016年、社会福祉協議会会長を務めたのち、10月の市長選で当選し、現在に至る。

日本福祉大学へ入学を決めた理由、大学時代の思い出を教えてください。

 高校時代は建築関係に興味があり、理工学部を志望していました。ところが国立大学の受験に失敗し、一から勉強し直そうと予備校に通うことに。そこで偶然目にしたのが、日本福祉大学の「キャンセミ(キャンプセミナー)」のポスターでした。学生たちが肩を組んで笑っている写真が、妙に印象的だったのを覚えています。それからしばらくして、予備校の先生との面接の場で「水野くんはコミュニケーションを取るのが上手いし、全体を良く見渡せている。どうだ、福祉をやってみないか」と言われ、先生が指さす先にあったのが、“キャンセミ”のポスターだったのです。今思えば、運命的な出会いとでも言いましょうか(笑)。「福祉」が何かも分からなかったのですが、先生から説明を受けるうちに興味が湧き、受験を決めました。

 入学後は哲学者の見田石介先生など名だたる方の授業を受け「こんな世界があるのか」と衝撃を受けましたね。福祉の魅力に取りつかれたのは、尊敬できる恩師との出会いが大きかったと思います。今でも深い交流が続いている恩師の一人が、大友信勝先生です。私は大友先生のゼミ第一期生で、学問はもちろん、人間性までみっちりと叩き込んでいただきました。また、障がい児の教師になりたいと思い、中高教員免許や社会教育主事など、在学中に取れるだけの資格を取得。「貧困問題研究会」にも所属し、調査の一環で名古屋の笹島のドヤ街で寝たり、先輩から譲り受けた大講義室掃除のアルバイトを登校前にこなしたり。夜は大学の図書館でのアルバイトもしました。当時下宿していた4畳半の部屋には毎日のように友人が集い、あれこれ語り合ったことも、昨日のことのように思い出されます。大学での経験すべてが、私の宝であり糧。大友先生をはじめ、大学の友人たちとは今でも定期的に会っています。
サンプル画像1
大友先生から送られた色紙などが大切に飾られている執務室
サンプル画像2
秘書広報課の皆さまと水野さん

働きながら大学院で学ばれたり、大学や専門学校で講師をされたりと 活動的な水野さんですが、その原動力を教えてください。

 紆余曲折あって2009年に市民部へ異動し、福祉の現場とは異なる業務を一から勉強しながらやっていた頃、「今まで自分がやってきたことを整理したい」という思いが芽生えました。日福の大学院へ行くつもりでしたが、大友先生に相談すると「通信より直接指導が良い」と、先生がいる龍谷大学大学院へ。仕事後に約2時間半かけて通学し、修論では「公民協働の福祉のまちづくりにおける住民自治の到達点とその課題点」を書き上げました。卒業時は58歳でしたから、これで若い者に譲ろうと、そういう気持ちでしたね。講師については、大学院の関係で「地域福祉論」や「福祉事務所運営論」を集中講義で受け持つことになりました。これも仕事をしながらでしたが、忙しさよりも誰かに伝えられることの嬉しさが勝っていましたね。の経験すべてが、私の宝であり糧。大友先生をはじめ、大学の友人たちとは今でも定期的に会っています。

2016年10月の市長選で当選され、まもなく一年が経ちますが、今後の課題と抱負を教えてください。

 自分が市長になるなんて想像もしませんでしたが、私を推してくれた周囲の方々の期待に応えなければという想いで出馬を決意しました。選挙期間は地域ごとに1日3回のペースでミニ集会を開き、市民の声を直接聞くことに注力しましたね。私が目ざしている市政は、あくまで市民主導なのです。これまでの阪南市は「行政がプレイヤー、市民は観客」でしたが、これからは「市民がプレイヤー、行政がマネージャー」になる時代。そのためには、元気な市民をつくる取り組みやサポートを行政が進めることが大事だと思います。そして、行政は基本的人権を守り、住民の暮らしを支える責任を果たし、住民自治を目ざす、住民主導・住民自治組織を基盤とするまちづくりが “水野メソッド”の考え方。福祉がしっかりと基盤に座り、社会教育と連携する。学んで、活動して、町づくりへ集約されていくような循環を大事にしたいと考えています。その仕組みをつくるのが私の使命です。「活力と優しさあふれる新しい阪南市」をつくります。

在学生、同窓生へメッセージをお願いします。

 在学生の方には資格の取得を大切にすることと、卒論を真剣に書くことを意識してほしいです。私自身、大友先生に「課題に向かっていかに掘り下げるか、どこに行けばどういう資料があるか。それらを自分で考え、足で収集する。それが卒論だ」と教えられました。卒論で苦労した経験があるから、行政で課題に直面し解決を迫られる時、どういうプロセスを踏めばよいのかイメージできるのだと思います。努力は必ず実を結びますから。また、私が思う「福祉」は暮らしそのものです。だから、福祉を学ぶ者は社会的に物事を見る力を養うべき。まさしく、日福で染み込んだ科学とヒューマニズムです。社会人になってもいろんな所で勉強し、話をし、交流することが重要です。“暮らし・健康・いのち・人権”をしっかり言葉に出し、ぜひ積極的に、貪欲に動いてください。ちなみに、私が大切にしている言葉は「翠点(すいてん)」です。複数の因果が集まり交わる場所という意味があり、私は大友先生こそが翠点だと思っています。無作為に物が集まったり、人が集まったり、情報が集まったりする。そういう人を目ざし、私も日々精進していきます。

 日福大卒業生の活躍と、日福大のますますの発展を願っています。

お知らせコーナー

庁舎概観
阪南市役所のWEBサイト内で、2017年6月25日から「市長水野の活動日誌」がスタートし、市長の日々の活動内容や想いを垣間見ることができるようになりました。また、facebook、公式twitter、公式Instagramなどのソーシャルメディアでも積極的に市の情報を発信していますので、お気軽にご覧ください。
阪南市役所
〒599-0292 大阪府阪南市尾崎町35番地の1
(2017年発行 日本福祉大学同窓会会報119号より転載)