女性交流

女性交流サロン

 毎年女性の生き方、子育て、介護や老い、仕事との両立をはじめ共通する関心事をテーマに、元気や勇気をもらいあう楽しい集いを企画しています。男性、ご家族、在学生の方のご参加も大歓迎です。同窓会会報や同窓会ホームページでご案内いたします。

第8回女性交流サロン【小牧ワイナリー見学・昼食会】

第8回女性交流サロンは11月16日(土)さわやかな秋晴れの日に、愛知県小牧市に4年前に開所した障害者の自立支援施設小牧ワイナリーの見学とランチ会を行いました。
様々な職業に携わる30名の同窓生等が各地から参加してくださり、美味しいワインに舌鼓を打ちながらお食事やおしゃべりを楽しんだ後、施設のスタッフからワイナリーの概要や知的障害のある仲間たちの働く姿を映像も含めて紹介していただきました。その後、実際に裏のブドウ畑と醸造所の見学をしました。
それぞれ違う特性を持つ仲間たち一人ひとりに合わせた就労支援をしながら収益を上げ、障害者が自立できる給料を目標に努力される職員の方々の御苦労が手に取るように分かりました。ほとんどの方が開催後のアンケートに「楽しく有意義な時間をありがとう」という意味の言葉を書いてくださり、スタッフ一同感激しました。

     

第7回女性交流サロン【カンツォーネに魅せられて】

2018年7月7日(土)七夕の午後、名古屋キャンパスに於いて、女性交流サロンを開催しました。「カンツォーネに魅せられて~夢を希望に、希望を現実に~」と題して、オペラ歌手の餅原剛様とピアニストの小林清佳様に、素晴らしい演奏を聴かせていただきました。「カタリ・カタリ」、「サンタルチア」など有名なカンツォーネや「荒城の月」などの懐かしい日本歌曲を、軽妙なトークとイタリアの写真の説明を交えながらたっぷりと披露していただき、その歌声の天上が突き抜けそうな迫力に、背筋が震えるほどの感動を覚えました。交流会では美味しいケーキとお茶を味わいながら、願い事を書いた短冊を笹に飾り付けし、「千の風になって」と「翼をください」の名曲を歌唱指導していただきました。参加者は、プロの指導によってまるで魔法にかかったかの様に上手な歌手に変身し、時間が足りないくらいの楽しい2時間を過ごしました。