文字サイズ

お 知 ら せ

7/31◆「秦安雄先生を偲ぶ会」のご案内

その他
私たちの敬愛する秦安雄先生が、4月26日満85歳で亡くなられました。
 「障がい者と社会福祉をテーマに研究を続け、大学教員として80歳まで教壇に立っていた父。働き者の背中に、家族を守り抜く責任感と研究に対する熱い情熱を感じたものです。」通夜で配られた「お礼の言葉」の冒頭の文章です。まさに先生の人生は、この言葉そのものでした。
秦先生は、名古屋大学教育学部修士課程修了後、昭和30年、創設まもない中部社会事業短期大学(現・日本福祉大学)で教鞭をとられました。以後、平成13年3月までの40数年間、障害者福祉論を中心に研究と教育に取り組んでこられ、退官後も中部学院大学大学院にて教壇に立ち、障害者問題に取り組む優秀な担い手を育てられました。
 また「全国障害者問題研究会」設立当初から活動に加わり、全国初の「障害者共同作業所・ゆたか共同作業所」の設立においても、中心的な役割を果たされました。先生が重視された「人権と発達保障の理念」を基本とする実践のあり方は、「障害者の働く場づくり運動」を全国に広げ、「共同作業所全国連絡会」(現・きょうされん)の結成にもつながることになります。
そして、ゆたか福祉会の理事長をはじめ、各団体の役員を務めるなど、日本の障害児者を取り巻く実践・研究・運動には、いつも秦先生の大きな存在がありました。
この度、秦先生の仕事と活動に深く関わった関係4団体の責任者が、下記の要領で「偲ぶ会」を開催することと致しました。短い一時ではありますが、ぜひ、多数の皆様にご出席を賜り、秦先生の業績や人となりを偲びつつ、そのご意志を引きついでいく機会としていきたいと思います。
(呼びかけ人)
 日本福祉大学 学長 二木 立
 全国障害者問題研究会 委員長 荒川 智
 きょうされん 理事長 西村 直
 社会福祉法人ゆたか福祉会 理事長 鈴木 清覺
(偲ぶ会)
日時:2016年7月31日(日)午前11時30分~14時30分
会場:名鉄ニューグランドホテル7階 扇の間  会費:8,000円
お申し込み先:社会福祉法人ゆたか福祉会 法人本部 総務部 向(むこう)久美子
〒457-0852  名古屋市南区泉楽通4丁目5番地3
     TEL:052-698-7356   FAX:052-698-7358(送信後、確認のためご一報ください)
キャンセルにつきましては、7月22日(金)までにお願いいたします。