文字サイズ

お 知 ら せ

日本福祉大学社会福祉学会第49回大会のご案内

大学・本部
日本福祉大学学内学会 第49回大会

こんなにオモロい福祉の仕事
教えてくださいあなたの実践
~誰もが人間らしく生きられる社会をつくる~
日時:2017年6月24日(土)・25日(日)
会場:日本福祉大学美浜キャンパス改めての事柄ですが、‘90年代に始まった社会福祉基礎構造改革路線等により、
2000 年に社会福祉法が施行され、サービス提供体制が措置制度から(自己責任が前提になっての) 選択・契約
制度を基本とするものに変化しました。そして、いわゆる社会福祉が福祉サービ スと呼ばれるようになり、措置制
度時代を知る現場職員は1999年以前に就労した人た ちのほぼ40歳以上になる人たちになっています。
こうした中、措置制度を知る立場と選択・契約制度に基づくサービス提供体制が開始され てから仕事をしてきた立場
では、仕事への関わり方に差異が生じる面があると思われます。 しかし、急激な少子高齢化や人口減少の進行、単身
世帯の増加、貧困化の進行、虐待、ひき こもり、子育て不安等々、日々の暮らしに困りごとや生きづらさを抱える人
たちと関わる上 での基本は同じだと考えます。それは、社会福祉の対象は生活上の困難であるということで す。生活
上の困難を解決していく取り組みが、実践といってよいと考えます。
例えば、日本福祉大学元学長である宮田和明先生は「社会福祉は、一つひとつの実践の積 み重ねを通して、はじめて足
が地に着いた、しっかりした発展の歩みを続けられるものであ る。目的意識的に実践を記録することを通して実践の成
果を客観化し、その中から普遍的な 原理や教訓を導き出す努力が求められる」と述べられています。
今回の研究大会は、みなさんの日々の取り組みや実践を出し合い語り合う場として開催 いたします。みなさんに少し自
慢したい成功した取り組みを紹介してください。逆に失敗し た経験も紹介してください。そして、社会福祉の実践とは
なにか、生活を丸ごととらえるこ とができる実践とはなにか等について研究討議できる場にしてまいりたいと思います。
みなさまの、ご参加をお待ちいたしております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●開催スケジュール
24日(土) 12:30~ 受付(11号館3階ホール▲)
13:00 運営委員長あいさつ・授賞式
13:30~16:50 講演・シンポジウム
17:00 総会
18:00~20:30 交流会(生協食堂★)
21:00~ お泊まり交流会(海浜館)

25日(日) 9:30~ 受付(15号館◆)
10:00~15:00 分科会
15:00~15:30 全体会
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【お申込みなど】
●大会参加費 
  一般会員 :全日 2000円 1日 1000円
  一般非会員:前日 4000円 1日 2500円
  学生院生(会 員):全日  500円  1日 300円
  学生院生(非会員):全日 1000円 1日 500円
○大会参加の事前申込は不要です。
○交流会・お泊まり交流会は別途参加費・申込が必要です。 交流会に参加ご希望の方は当日受付にてお申込みください。
 (参加費:3000円)
 お泊まり交流会(海浜館)に参加ご希望の方は6月16日までに事務局へお申し込みください。(7000円)
○25日は周辺に食事をするところがありません。弁当券(800円予定)を当日朝 受付でお求めいただくか、
 昼食をご持参ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【詳細日程】
24日(土)
〇記念講演
「教育と福祉の可能性を拓く
~「次郎は『次郎という仕事』をしている」

(NHK ハートネット TV)で伝えたかった親と教育現場の思い」
講師 白 岩 佳 子 氏
白 岩 次 郎 氏(聖母の家学園 高等部専攻科) 大 原 文 也 氏(聖母の家学園 教頭)
司会 木戸利秋氏(日本福祉大学)

NHKE テレハートネット T「障害者殺傷事件から半年 次郎は「次郎という仕事」 をしている」に出演した
特別支援学校聖母の家学園高等部専攻科に通う次郎さ ん、マーマと当時の担任の先生が来てお話しいただき
ます。次郎さんは、全国で も数校しかない知的障害を対象とした専攻科に通っています。「事件後、容疑者
が表明した障害者は不幸を作ることしかできないとの考えにはネット上で同調 する声も上がり、経済効率や
生産性が重視される社会の中で、障害者はお荷物だ という風潮が不気味に広がっています。そうした中この
女性は「健常者との間に ある重い扉を開けること」が、息子の「仕事」だと胸を張ります。」(NHK の番組
ホームページから抜粋)
「次郎という仕事」について、福祉と教育の可能性について語っていただきます。

●シンポジウム
「こんないオモロい福祉の仕事 教えてくださいあなたの実践
~誰もが人間らしく生きられる社会をつくる~」

〇シンポジスト
井原淑雅氏(藤ノ花女子高等学校)
福元一喜氏(介護老人保健施設ハーモニー) コーディネータ 武田誠一氏(三重短期大学)
25日(日)
分科会
第 1 分科会「低所得・貧困・高齢者の福祉」共同研究者 伊藤文人氏(日本福祉大学)
第 2 分科会「児童の福祉」共同研究者 佐々木将芳氏(豊橋創造大学)
第 3 分科会「障害者・児の福祉」 共同研究者 磯野博氏(静岡福祉専門学校)
第 4 分科会「教育・実習・研修」 共同研究者 武田誠一氏(三重短期大学)

【問合せ先】
・日本福祉大学社会福祉学会(通称学内学会)
 〒470-3295 愛知県知多郡美浜町奥田 日本福祉大学内
 電話 0569-87-2211㈹ (金曜 10 時~13 時) fax 0569-87-1690
 メール gakkai@n-fukushi.ac.jp
 HP http://www.geocities.jp/gakunaigakkai/