認定同窓会に関する手続・届出

日本福祉大学同窓会では、地域同窓会や学部同窓会、同期同窓会に加えて、クラス、ゼミ、サークル、職域、職種など多様な構成員からなる同窓会を、日本福祉大学同窓会の基礎組織として設立することができます。
以下の資格要件を満たした上で本部に申請し認定されますと、「認定同窓会」として活動援助金をはじめとする様々なサービスを受けることができます。
活動記録(開催報告)は同窓会会報8月号または3月号に掲載いたします。

地域同窓会(全国57同窓会)に関する手続・届出

地域同窓会に関する手続・届出

1.開催が決定したら①のフォームまたは用紙で必要事項を同窓会事務局へお知らせください。
2.活動交付金ご申請の際は②の用紙と前年度もしくは前回実施の決算報告書(監査報告付)をご提出ください。
  監査報告には、監査人名と監査した日付が必要です。監査人名が自署でない場合は、印鑑も必要です。
3.当日の参加者を③の用紙でお教えください。
4.上記3の書類と④活動記録と当日のお写真をご提出ください。

会合援助に関する手続・届出(地域同窓会・認定同窓会を除く)

この「会合援助」は、同窓生の皆さんが交流などのために会合を催すことへの援助制度です。

地域同窓会や認定同窓会(学部学科等同窓会、同期同窓会、グループ同窓会など)は
この「会合援助」の対象にはなりません。

●「会合援助」制度は、同窓会の正会員10名以上が参加する会合を対象とします。
 援助金は、会合参加の同窓会正会員のうち、会合開催の前年度の会費納入者数1人につき500円を援助する制度です。
 また、援助金額は、20,000円を限度とし、同趣旨の会合への援助は年度1回としています。

・この制度は、日本福祉大学同窓会会則第37条から第40条第2項に定める同窓会以外の会員の会合を対象としますのでご注意下さい。
・「会合援助」については、事前に同窓会事務局にお問い合わせの上、下記の書類をご提出ください。